関根弘江プロフィール


hiroe-sekine-profile2016関根弘江 
プロフィール

ジャズピアノ・歌・作詞・作曲・編曲

演奏・歌・作曲: メインストリームジャズ、フュージョンジャズ、ボサノバ、ラテンジャズ、アメリカンポップス、Jポップス。

編曲: コンボおよびビッグバンド。
歌: 日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語

 

【経歴】

群馬県桐生市出身

1992年東京コンセルバトアール尚美音楽研究科卒業、在学中より演奏活動

1993年ジャズ勉学のため渡米

2006年カリフォルニア州フラトン・カレッジ音楽科卒。

2009年南カリフォルニア大学(University of Southern California = USC) 音楽学部ジャズ専攻科卒業。成績優秀者として表彰される。

現在ロスアンジェルス近郊在住、ジャズクラブなどで活躍中。

 

2010年4月、CD ”a-mé” (雨)を発売。自作曲と自身の編曲によるスタンダードを、ピーター・アースキン (drums)やボブ・シェパード (sax) 、トニー・デューマス(bass)など一流ミュージシャンを従えてのピアノ演奏で、グラミーを二度とったイエロージャケットのキーボーディスト・編曲者、ラッセル・フェランテのプロデュースにより作成した作品。全米ラジオ局によって放送され、ジャズ評論家から数多くの高い評価を得ている。2010年8月には全米ラジオ局での放送回数が全ジャズCD中45位をしめ、2011年1月現在半年以上に渡って、ジャズ専門局などから常に放送されている。また2010年12月、ジャズ評論家Pico氏によりAll About Jazzサイト上でThe Best of 2010が発表され、同年中にレリースされたすべてのメインストリーム・モダンジャズCDの中で、キースジャレットのCDなどと並び、ベスト25のひとつに選ばれた。

2012年に発売されたセカンドアルバム “After the Rainfall”は、同じくラッセル・フェランテのプロデュースとピーター・アースキン(ドラム)、ボブ・シェパード(サックス)の参加による作品で、、関根弘江の新作に加え、自身の歌を含め、ボサノバやややスムースジャズ・フュージョン寄りの作品となっている。前作に続いて、多くの批評家から高い評価を得た。
「軽やかで爽やかなアルバムだ。ボブ・シェパードの軽快なソプラノサックス、フルートに関根ヒロエのピアノ、キーボードがからむと、居ながらにしてリゾートで寛ぐ心地よさに浸れる。トラックによって披露されるヒロエのヴォーカルも効果的で、囁くような歌声を聴いていると、どこまでも青く透き通った海辺に遊ぶ気分になる」 – 後藤雅洋(ジャズ評論家)

連絡先: sekaimusic@gmail.com

Copyright © Hiroe Sekine/ sekaimusic.com